Warning: getdate(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/carpsclub/www/roster/roster.php on line 41
岡上 和典 - CARP's CLUB 【かぷ吉】

岡上 和典 広島東洋カープ 選手プロフィール

Carp's CLUB かぷ吉



選手名鑑


岡上 和典


プロフィール

岡上 和典
  • 守備内野手

  • 背番号37

  • 生年月日1979年 1月 4日 山羊座

  • 年齢・血液型28才(引退時) AB型

  • 出身地福岡県古賀市

  • 投打右投右打

  • 身長・体重180cm 75kg

  • 入団2001年 7巡   7年間 引退07年


経歴・獲得タイトル他

  • 経歴九産大九州高−東海大−広島(01-07)

  • 獲得タイトル

  • その他記録

  • 年俸800万円→650万円 ▼150万円

  • 備考和典(01-05、07) 和巧(06)

岡上和典レーダーチャート

公式戦年度別成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 HR 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率 長打率 出塁率 順位
2001 広島 10 4 4 6 1 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 2 0 0 .250 .250 .250
2002 広島 71 22 17 17 3 0 0 0 0 5 1 1 0 4 0 11 0 0 .176 .176 .333
2003 広島 51 16 14 9 3 0 0 1 1 6 1 2 0 0 0 4 0 1 .214 .429 .214
2004 広島 30 3 3 5 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 2 0 0 .333 .333 .333
2005 広島
2006 広島 10 9 8 2 1 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 1 .125 .375 .125
2007 広島 2 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 174 54 46 40 9 0 1 1 2 17 4 4 0 4 0 21 0 2 .196 .304 .260

ファーム年度別成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 HR 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率 順位
2001 広島 65 286 247 35 66 8 4 1 8 16 9 9 1 24 5 46 0 14 .267 15
2002 広島 5 21 18 3 4 0 0 1 1 5 0 0 0 2 1 8 1 1 .222
2003 広島 38 163 145 22 45 8 0 0 14 18 4 1 1 13 3 22 1 2 .310
2006 広島 67 217 195 27 42 12 5 1 20 7 3 8 0 11 3 41 2 6 .215
2007 広島 14 17 13 3 2 1 0 0 0 5 0 1 0 2 1 6 0 2 .154

来歴

入団までの経緯・特徴

九産大九州高では入学直後にショートのレギュラーとなった。東海大では2年夏に右肩を痛め、秋には選手を離れてコーチになった。3年秋に選手に復帰、大学4年の秋季リーグからレギュラーに定着し12試合に出場し打率.290、6盗塁(盗塁王)。

捕球の上手さと盗塁技術はトップレベルで、あとは打撃を磨けば楽しみな選手になる。外野、二塁、三塁をこなすが、ショートの定位置獲得にこだわりを見せる。プロ入り後に両打ちに転向するが、現在は右打ちのみ。ベース一周13.4秒、100m11秒台、遠投120m。

入団後の経過

02年出場数は71試合と大幅に増えたが、ほとんどが前田の代走、守備交代要員として起用された。ファームでは5試合と実践経験を積むことができなかった。03年春、内田打撃コーチの進言に従って左打ちを止めた。右打席に専念した結果、ファームでは打率.310と3年目で初めて3割台に乗った。10月13日には8番遊撃で初先発するも2度のバント失敗。しかし1点を追う9回、先頭打者で高津のシンカーを左翼へ起死回生の同点弾。プロ初本塁打と初のお立ち台も経験した。

04年春季キャンプ、初めて監督賞に選ばれた。オープン戦では内田チーフ打撃コーチの助言で打撃改造。バットを構えた際の足幅を広げた。長さにして約10センチ。これで安定感が増してスイングがコンパクトになった。2年ぶり2度目の開幕1軍を果たし、代走と守備固めのスペシャリストでシーズン序盤も存在感を示した。だが、6月4日の中日戦の前に行われたシートノックで、送球した際に「バチッときた」というように、右ひじに鋭い痛みが走った。検査の結果、右ひじ関節内側側幅靭帯損傷と診断され、無念の帰広となった。翌5日に登録は抹消され、約1ヶ月間はトレーナーの指示を守って、安静に努めた。その後は左手だけでのティー打撃、守備練習でも捕球しかできず、不完全燃焼の日々が続いた。同じ右ひじに故障を持つ東海大の後輩・鞘師に相談するなど必死にリハビリに取り組んだ。その結果9月になって両手を使ってのマシン打撃、10月にスローイングを開始。塁間を何の問題なく投げられるまでに回復した。

05年、沖縄キャンプの2月9日、右ひじの違和感を訴えて早退。右肘内側側副靭帯損傷・尺骨神経障害と診断され全治8ヶ月。3月6日に右ヒジ手術を行った。尾形に次ぐ正遊撃の候補として挙げられていたが、入団以来初めて1、2軍とも試合に出場出来なかった。「和典」から「和巧」に変え、新たな気持ちで勝負する。

2006年度総括・展望

昨季は2軍スタートながら開幕から出場。スローイングも「以前の完ぺきな状態ではないけど、問題ない」という状態まで戻っていた。ブラウン監督が観戦した8月23日のソフトバンク戦(広島)では、今まで2割前後と低迷していた打撃も、4打数2安打3打点と猛アピール。1軍で梵が右足首をねんざした為、監督の「見てみたい」の一声で、昇格が決まった。昇格した29日の巨人戦に即起用され04年6月3日横浜戦以来、817日ぶりの出場を果たした。結果はセカンドゴロに終わったが、復活への一歩を踏み出した。

更新日 2007.01.28

岡上和典と同じ2001年に広島に入団した選手

選手名 ドラフト 守備 状況 現在
島崎毅 4巡 投手 移籍 引退
鶴田泰 2巡 投手 移籍 引退
佐藤康幸 6巡 投手 移籍 引退
E・シュールストロム 投手 助っ人 引退
T・ヤング 投手 新入団 引退
横松寿一 1巡 投手 新入団 引退
廣瀬純 2巡 外野手 新入団 在籍
玉山健太 3巡 投手 新入団 引退
甲斐雅人 4巡 内野手 新入団 引退
田村彰啓 5巡 外野手 新入団 引退
石橋尚到 6巡 内野手 新入団 引退
岡上和典 7巡 内野手 新入団 引退

岡上和典と同じ1979年に生まれ広島に入団した選手

選手名 月日 守備 状況 現在
岡上和典 01/04 内野手 新入団 引退
廣瀬純 03/29 外野手 新入団 在籍
天野浩一 04/12 投手 新入団 引退
D・ダグラス 04/28 投手 新入団 引退
山田真介 06/15 外野手 移籍 引退
田中敬人 07/26 投手 新入団 引退
C・ルイス 08/02 投手 新入団 引退
兵動秀治 08/10 内野手 新入団 引退
岩崎智史 08/14 内野手 新入団 引退
橋本啓 09/05 投手 新入団 引退
石原慶幸 09/07 捕手 新入団 在籍
青木智史 09/10 外野手 新入団 引退
喜田剛 10/25 内野手 移籍 引退
林昌樹 11/28 投手 新入団 引退
M・シュルツ 11/28 投手 新入団 引退
E・スタルツ 12/09 投手 新入団 引退