上野 弘文 広島東洋カープ 選手プロフィール

Carp's CLUB かぷ吉



選手名鑑


上野 弘文


プロフィール

上野 弘文
  • 守備投手

  • 背番号12履歴 19(07-11)-12(12-)

  • 生年月日1981年 4月10日 牡羊座

  • 年齢・血液型35才 O型

  • 出身地鹿児島県奄美市

  • 投打右投右打

  • 身長・体重176cm 83kg

  • 入団2007年 3巡  入団 11年目


経歴・獲得タイトル他

  • 経歴樟南−トヨタ自動車−広島(07-)

  • 獲得タイトル

  • その他記録

  • 年俸

  • 備考

上野弘文レーダーチャート

公式戦年度別成績

年度 所属 登板 完投 完了 当初 完封 無四 勝利 敗北 SAVE SP HD 打者 安打 被本 四球 死球 三振 失点 自責 防御率 順位
2007 広島 31 0 12 0 0 0 1 1 0 132 28 34 3 15 3 21 16 14 4.50
2008 広島 42 0 11 0 0 0 2 2 0 220 48 2 59 5 19 1 29 28 26 4.81
2009 広島 8 0 3 0 0 0 0 0 0 36 7 2 13 1 1 0 3 6 6 7.04
2010 広島 27 0 7 0 0 0 1 2 2 7 121 27 1 34 7 8 1 11 17 15 4.94
2011 広島 31 0 11 0 0 0 2 2 0 4 128 27 2 32 3 11 2 19 17 17 5.53
通算 139 0 44 0 0 0 6 7 2 0 11 637 139 1 172 19 54 7 83 84 78 5.04

ファーム年度別成績

年度 所属 登板 完投 完了 当初 勝利 敗北 SAVE 打者 安打 被本 四球 死球 三振 失点 自責 防御率 順位
2007 広島 18 0 5 0 1 3 1 107 22 31 1 10 2 18 17 13 5.32
2008 広島 19 0 16 0 0 0 9 84 21 1 14 0 5 3 6 4 4 1.69
2009 広島 28 0 14 1 0 2 1 176 38 45 3 16 1 33 27 26 6.16
2010 広島 15 0 0 1 1 1 76 18 1 14 0 7 0 16 4 4 1.96
2011 広島 16 0 4 0 0 0 1 70 16 1 17 0 6 0 11 5 4 2.20

球速・変化球データ

年度 最速 直球Ave 直球 カーブ スライダ カット チェンジ シュート フォーク シンカー 特殊 年間投球 取得投球 取得率
2007 148 140.5 57% 1% 9% 17% 15% 509 509 100.0%
2008 145 139.2 39% 3% 9% 33% 15% 841 813 96.7%
2010 146 139.8 45% 3% 14% 1% 22% 15% 457 384 84.0%

来歴

入団までの経緯・特徴

樟南時代は1999年夏、甲子園で4強に進出。準決勝で正田樹(元・日本ハム)擁する桐生一に敗れた。トヨタ自動車では抑え投手として、2005年はチームを日本選手権ベスト8に導く。最速151キロの直球に切れ味鋭いスライダーとフォークが武器。

ドラフト当日の21日の日産自動車九州戦後に、ブラウン監督が大阪市内の宿舎を電撃訪問。当初、意中の球団にロッテをあげていたが、指揮官自らの“出馬”に心は一気に傾いていた。上野は「幼いころから夢だったプロでやりたい気持ちで決意しました。数字の目標より、できるだけ息の長い選手を目指したい」 球界での"長生き"を目標に掲げた。「球が速く、変化球もいい。今は抑えをやっているが先発もできる。即戦力として考えている」と苑田聡彦スカウト部長。『薩魔神』上野。

入団後の経過

2007年
新人ながら開幕一軍切符を手にした。阪神との開幕戦、4−1とリードした八回一死一二塁の場面で登板。先頭打者のシーツに四球を与えた所で降板となり、あっけないデビューとなった。その後はビハインドで点差の空いた場面が多かったが、4月終了時点で7試合に登板し防御率2.45と結果を出した。30日に二軍降格し、再び昇格した7月15日の巨人戦では、待望の初勝利を挙げる。即戦力として期待された一年目は、31試合に登板し、防御率4.50と、ぎりぎり及第点。28回で15四球と制球力の向上が課題。

2008年
ファームからスタートし、主にストッパーとして登板。初登板こそ2失点するが、その後は18試合に登板し、失点を喫した試合は2度だけという安定感を見せた。そして6月7日に一軍昇格することができた。昇格後の1試合目で失点するが、その後は安定感のある投球を披露。12試合連続無失点をマークするなど首脳陣の評価も上がり、6月下旬には終盤の僅差での登板が増えた。8月16日まで25試合に登板し、防御率2.25と良かったが、19日の阪神戦で4失点した以降は、調子を崩し防御率4.81まで下がった。救援成功率61.9%は、まずまずといった所か。

2009年
2年ぶりの開幕一軍となり、4月は4試合に登板するものの2度救援失敗し、15日に早くも登録抹消となった。ファームでも持ち味である、力強い速球が影を潜め、4月の3試合で2回1/3を投げ11失点と打ち込まれた。その後一軍に再昇格しても、なかなか定着できず2週間で登録抹消となる。結局速球は復活すること無くシーズンを終えた。速球復活のため、2年ぶりにフェニックスリーグにも参加するが、まだ速球は戻っていない。好不調の波が大きく、悪いときはフォームが崩れてしまう。安定感の向上が課題。

2010年
オープン戦は2試合の登板で無失点に抑えるが、アピールできず、開幕一軍から漏れた。ファームでは7試合に登板し、防御率2.79と結果を出し、4月18日に一軍登録。しかし3試合に登板した2試合で本塁打を浴び、再び降格となった。再昇格となった6月9日から4試合連続ホールドを挙げ、抑え・セットアッパーが全員離脱した7月には、プロ初のセーブも挙げた。鹿児島・奄美大島出身の薩摩隼人(さつまはやと)(Wikipedia)はチームメートから『薩魔神』と名づけられた。しかし中旬以降は救援失敗が多くなり再び降格となってしまった。一度調子を崩すと連続して失敗してしまうため、安定感が無く起用法が難しい。27試合に登板したが、防御率4.94。一軍でのベストは1年目の4.50、毎年の課題だが、いかに好調を維持するかが一軍へ残る方法だろう。

2011年度総括・展望

更新日 2011.02.18

上野弘文と同じ2007年に広島に入団した選手

選手名 ドラフト 守備 状況 現在
大須賀允 6巡 内野手 移籍 引退
喜田剛 7巡 内野手 移籍 引退
A・アレックス 外野手 助っ人 引退
山中達也 育成枠 投手 新入団 引退
J・フェルナンデス 投手 新入団 引退
E・カリダ 投手 新入団 引退
宮崎充登 投手 新入団 引退
前田健太 1巡 投手 新入団 在籍
上野弘文 3巡 投手 新入団 在籍
會澤翼 3巡 捕手 新入団 在籍
青木高広 4巡 投手 新入団 在籍
中東直己 5巡 外野手 新入団 在籍

上野弘文と同じ1981年に生まれ広島に入団した選手

選手名 月日 守備 状況 現在
井生崇光 03/12 外野手 新入団 在籍
B・バーデン 04/02 内野手 新入団 在籍
D・サファテ 04/09 投手 新入団 在籍
上野弘文 04/10 投手 新入団 在籍
比嘉寿光 04/19 内野手 新入団 引退
長崎元 05/07 外野手 新入団 引退
末永真史 06/08 外野手 新入団 在籍
R・ラミーレス 08/31 投手 新入団 引退
苫米地鉄人 09/22 投手 新入団 引退
中東直己 10/05 外野手 新入団 在籍
青木高広 11/26 投手 新入団 在籍
N・マテオ 12/16 投手 新入団 引退
迎祐一郎 12/22 外野手 移籍 在籍