中東 直己 広島東洋カープ 選手プロフィール

Carp's CLUB かぷ吉



選手名鑑


中東 直己


プロフィール

中東 直己
  • 守備外野手

  • 背番号00履歴 35(07-10) 00(11-)

  • 生年月日1981年10月 5日 天秤座

  • 年齢・血液型35才 B型

  • 出身地広島県呉市

  • 投打右投左打

  • 身長・体重170cm 71kg

  • 入団2007年 5巡  入団 11年目


経歴・獲得タイトル他

  • 経歴広島工−東亜大−ホンダ鈴鹿−広島(07-)

  • 獲得タイトル

  • その他記録

  • 年俸

  • 備考直己(07-08/06/22 2010-) 直瑛(08/06/23-2009)

中東直己レーダーチャート

公式戦年度別成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 HR 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率 長打率 出塁率 順位
2007 広島 31 74 70 7 14 2 0 0 2 4 0 0 0 4 0 18 0 1 .200 .229 .243
2008 広島 5 2 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .500 .500 .500
2009 広島 1 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000
2010 広島 15 11 9 5 0 0 0 0 1 3 0 0 1 1 0 3 0 0 .000 .000 .091
2011 広島 64 34 34 7 7 1 0 0 1 3 4 0 0 0 0 4 0 1 .206 .235 .206
通算 116 122 116 21 22 3 0 0 4 11 4 0 1 5 0 26 0 2 .190 .216 .221

ファーム年度別成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 HR 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率 順位
2007 広島 17 79 66 11 26 3 4 0 4 9 2 1 0 10 1 11 1 0 .394
2008 広島 19 30 26 5 6 1 0 0 3 1 4 0 0 4 0 7 0 0 .231
2009 広島 65 130 123 17 27 2 1 0 3 4 3 4 0 3 0 17 0 0 .220
2010 広島 52 109 98 16 35 3 2 0 9 13 5 4 0 7 0 8 1 1 .357
2011 広島 23 84 70 8 17 0 1 0 7 2 4 3 2 8 1 8 0 2 .243

来歴

入団までの経緯・特徴

東亜大では4年の時に捕手として神宮大会で日本一。JR西日本に入社、1年目から正捕手の座をつかむも、2005年4月の福知山線脱線事故を受け、同5月に休部が決まり野球人生の岐路に立った。退社してホンダ鈴鹿に決意の移籍、移籍後は外野手として起用され、都市対抗などで活躍し注目を集めた。

小柄だが、50メートル5.7秒の俊足と遠投110メートルの強肩が持ち味。外野だけでなく、捕手、内野手の経験もあり、走攻守三拍子揃った万能選手を目指す。

呉市出身の中東は、幼いころからの広島ファン。『プロ野球=カープ』と、とらえていたと言うだけに「今は決まってほっとした気持ち」と顔をほころばせた。新井貴浩(現・阪神)は、広島工高の五つ年上の先輩。東亜大2年の時から正月には、一緒に「走り初め」している仲という。

入団後の経過

2007年
オープン戦は打率4割以上と打撃好調で、開幕一軍切符を手にすると思っていたが、3月23日の阪神戦で親指以外の4本をねんざし、せっかくの開幕一軍を逃す。

4月12日に初昇格を果たし、14日の中日戦で、代打でプロ初出場(結果は三振)。翌日は代打出場後、外野手登録ながら捕手として守備に入った。17日からの巨人3連戦では1番センターとして起用されたが、3連戦で12打数0安打と結果は出せなかった。二軍では打率3割以上と高打率だったが、一軍の壁は厚かった。6月8日、3度目の一軍昇格を果たし、10日からは猛打賞を含む7試合連続ヒットを放つなど、本来の打撃センスをアピール。7月19日のフレッシュオールスターでも1安打2盗塁でMVPを獲得するものの、その後の検査で「右手有こう骨骨折」と診断され手術を行った。本格的な練習再開まで2ヶ月を要することとなり、シーズンを棒にふった。二軍では打率.394、9盗塁、4三塁打と高い数字を残すものの、一軍では打率.200に終わる。

2008年
2年目に初の開幕一軍を果たしたが、代打や代走で起用されるものの、わずか一週間で二軍降格。さらには4月末に故障し、復帰するまでに2ヶ月半を要した。相次ぐ故障などから、心機一転し、6月23日に「直己(なおき)」から「直瑛(なおてる)」に改名。7月に復帰した後も二軍では打率.231と低迷し、一軍昇格することはなかった。

2009年
外野登録から捕手登録に変更。2年連続開幕一軍メンバーに選ばれ、4月5日の巨人戦で代走で起用され、盗塁を決めた。しかし8日には上村和裕と代わって二軍落ちとなった。結局一軍での出場数は3年間で最低の1試合。ファームでは、65試合に出場するものの、代打や代走が多く、先発数は27試合(捕手では11試合)と少なかった。打率も.220と過去最低となった。翌年から再び外野手登録となり、登録名も本名の「直己」に戻す。

2010年
昨季は、ファームで27打数11安打、打率.407と結果を出し、4月13日に一軍昇格。昇格後は、主に代走として起用され、3盗塁を決めた。しかし自慢の打撃では、10打席ノーヒットとアピールすることができず、5月26日には二軍降格となった。ファームでは、途中出場が主だったが、起用された試合で、コンスタントにヒットを重ね、98打数35安打、打率.357。盗塁も13個をマークした。これだけいい成績を残しながら、6月以降一軍で起用されなかった。やはり長打、機動力、守備力では負けてしまう。さらに迎祐一郎がオリックスから加入し、1981年生まれの外野手は井生崇光末永真史と4人になった。競争が激しくなった、外野陣で起用されるには、とにかく安打を打つしかない。また背番号が「35」から「00」に変更。

2011年度総括・展望

更新日 2011.02.18

中東直己と同じ2007年に広島に入団した選手

選手名 ドラフト 守備 状況 現在
大須賀允 6巡 内野手 移籍 引退
喜田剛 7巡 内野手 移籍 引退
A・アレックス 外野手 助っ人 引退
山中達也 育成枠 投手 新入団 引退
J・フェルナンデス 投手 新入団 引退
E・カリダ 投手 新入団 引退
宮崎充登 投手 新入団 引退
前田健太 1巡 投手 新入団 在籍
上野弘文 3巡 投手 新入団 在籍
會澤翼 3巡 捕手 新入団 在籍
青木高広 4巡 投手 新入団 在籍
中東直己 5巡 外野手 新入団 在籍

中東直己と同じ1981年に生まれ広島に入団した選手

選手名 月日 守備 状況 現在
井生崇光 03/12 外野手 新入団 在籍
B・バーデン 04/02 内野手 新入団 在籍
D・サファテ 04/09 投手 新入団 在籍
上野弘文 04/10 投手 新入団 在籍
比嘉寿光 04/19 内野手 新入団 引退
長崎元 05/07 外野手 新入団 引退
末永真史 06/08 外野手 新入団 在籍
R・ラミーレス 08/31 投手 新入団 引退
苫米地鉄人 09/22 投手 新入団 引退
中東直己 10/05 外野手 新入団 在籍
青木高広 11/26 投手 新入団 在籍
N・マテオ 12/16 投手 新入団 引退
迎祐一郎 12/22 外野手 移籍 在籍