申 成鉉 広島東洋カープ 選手プロフィール

Carp's CLUB かぷ吉



選手名鑑


申 成鉉


プロフィール

  • 守備内野手

  • 背番号68履歴 68(09)

  • 生年月日1990年10月19日 天秤座

  • 年齢・血液型27才 A型

  • 出身地韓国ソウル特別市

  • 投打右投右打

  • 身長・体重183cm 83kg

  • 入団2009年 4位  入団 9年目


経歴・獲得タイトル他

  • 経歴京都国際高−広島(09-)

  • 獲得タイトル

  • その他記録

  • 年俸  (契約金 2000万円)

  • 備考

申成鉉レーダーチャート

ファーム年度別成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 HR 打点 盗塁 盗死 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率 順位
2009 広島 23 32 30 2 6 1 0 0 0 1 0 0 0 1 1 10 0 9 .200
2010 広島 37 53 44 5 9 2 0 1 5 0 0 1 0 8 0 17 0 7 .205
2011 広島 71 172 156 13 32 6 1 1 7 0 0 10 0 5 1 32 4 10 .205

来歴

入団までの経緯・特徴

韓国(中学)時代のポジションは投手兼外野手。中学2年の時、テレビで初めて日本の高校野球を観戦し、父親の勧めもあって単身野球留学を決意。高校では投手から内野手に転向。1年秋には4番打者として活躍。10キロも体重が落ちる猛ノックを受けるなどハードな練習をこなし、徐々に飛距離が伸び始め、試合では左中間スタンドの照明塔を直撃する150メートル弾を放ったこともある。2年春から将来性を見込み遊撃にコンバート。柔らかい手首の使い方が特徴の打撃で高校通算30本塁打を記録。強肩に加え50メートル6秒4の足も魅力。

韓国プロ野球や大リーグのスカウトも視察に来たが、2008年9月に広島カープのプロテストを受けた。長打力と俊敏な守備力の将来性が高く評価され、受験者53人の中でただ1人合格した。広島カープでは3年ぶりの合格者だ。日本の高校に留学し、直接、日本のプロに進んだのは韓国野球史上初。苑田聡彦スカウト部長は「足も肩もあるし、ある程度守れる」。松田元オーナーは「日本人にはない体の強さを持っている」と評価。5月には母校である京都国際高に、「後輩の為に」と100万円を寄付している。

入団後の経過

2009年
ファームで主に代打、守備要員としての起用で、守備は三塁をメインに二塁と遊撃を守った。23試合(先発は6試合)に出場し打率.200、1盗塁。失策は9個と多く、まだまだ鍛える部分は多い。山崎隆造二軍監督から「体の軸を意識して下半身主導で打つこと」とアドバイスを受け、アピールポイントの打撃向上に力を注いでいる。

2010年
シーズン序盤は新人の堂林翔太庄司隼人の起用などもあり、出場機会があまりなかった。しかし本来のポジションであるサードとショートだけでなく、セカンドやファーストにも挑戦し、7月以降は徐々にではあるが先発も増えていった。

前年はスイング始動するときにヒッチする癖からバットが遠回りし、定評のあった打撃でその力を発揮できずにいた。中学時代の恩師や、二軍で調整していたイ・ボムホ(ソフトバンク)から助言を求め、ようやく打撃の状態も上向いてきた。8月まで打率1割台だったが、9月には10打数4安打と結果が出てきた。出場数も1年目の23試合(先発6試合)から37試合(先発12試合)に増えた。

2011年度総括・展望

更新日 2011.02.18

申成鉉と同じ2009年に広島に入団した選手

選手名 ドラフト 守備 状況 現在
石井琢朗 内野手 移籍 在籍
S・マクレーン 内野手 助っ人 引退
松田翔太 育成枠 投手 新入団 引退
D・ソリアーノ 育成枠 投手 新入団 引退
A・フィリップス 内野手 新入団 引退
S・ドーマン 投手 新入団 引退
岩本貴裕 1位 外野手 新入団 在籍
中田廉 2位 投手 新入団 在籍
小松剛 3位 投手 新入団 在籍
申成鉉 4位 内野手 新入団 在籍

申成鉉と同じ1990年に生まれ広島に入団した選手

選手名 月日 守備 状況 現在
菊池涼介 03/11 内野手 新入団 在籍
松田翔太 05/17 投手 新入団 引退
中田廉 07/21 投手 新入団 在籍
申成鉉 10/19 内野手 新入団 在籍